スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【俺は、この漫画が好き】こちら葛飾区亀有公園前派出所 作:秋本治

 


言わずと知れた警察漫画の決定版で金字塔。
これが警察、これが公務員、これが親方日の丸。

長期連載&休載無しでも有名。
アニメ化したのでさらに有名に。

主人公は両津勘吉。
亀有公園前派出所に勤務する巡査長。

子供たちが好きなのは下町のおもしろポリス・両さん。
ある一定の年齢から上のファンが好きなのは荒唐無稽なバイオレンスポリス・両津。
俺はどっちも好きだ。

連載当初は一巻のタイトルから分かる通り銃を撃ちまくるデンジャラスな警官だったが、
次第に、馬鹿だけど金が絡むと天才になったり、人間離れした行動をするようになったり、
知識豊富なマニアキャラが前面に出たり、定期的に人情話でいい人になったり、と
とにかく破天荒&パワフル&エネルギッシュで話題に事欠かない。

単行本のあとがきで多くの著名人から語られているのは、
作者の秋本治先生も両さんのような人だと思っていたが、実際に会ってみたら
気さくな紳士でこの人から「あの」両さんが生み出されているのが不思議、という点。
内容も多岐に渡り、好奇心旺盛で想像力豊かな御仁であると予想できる。

例外もあるが基本的に一話完結なのも嬉しい。
もはや漫画好きなら知らない人の方が少ないタイトルであり、
旅先で何か漫画が読みたくなったらどこから買っても楽しめる貴重な作品だ。
実は私とこち亀の出会いもそんな感じで、当時の最新刊58巻を
寝台列車での帰郷のお供として父親に買ってもらったのが始まりだった。



その当時ですら「58巻も出てるの?スゲー漫画だ!」と感嘆したものだが、
2016年8月現在、間もなく200巻の大台に乗ろうとしている。
これから全巻購入という無謀な挑戦を試みようとする人に言っておきたい。
まだまだ終わらないよ。たぶん。

漫画好きなら、自分が好きな回が掲載されている一冊だけでも持っておきたい。
それが、こちら葛飾区亀有公園前派出所という名漫画だと思う。
 
[ 2016/08/15 23:28 ] 俺は、この漫画が好き | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。